任意整理のデメリット

クレジットカードの利用について

任意整理を行うことによって制限されることについて考えてみましょう。
任意整理を行うことで、クレジットカードが利用できなくなります。
クレジットカードが使えないということはかなり不便に感じられますよね。例えば、公共
料金の支払い、海外旅行での買い物、インターネットでの買い物でも利用するのではない
でしょうか。それをすべて手続きし直す必要があります。しかし、その程度のデメリット
で任意整理が行えるのであれば、良いのではないでしょうか。利息は大きいですよね。利
息が高いために多重債務を引き起こしてしまうという人が多いのです。だから、借金を返
済するための借金を行うのではなく、任意整理などの債務整理を行うべきだと私は思いま
す。今は、簡単にキャッシングできるようになりました。しかし、返済が簡単にできると
いうわけではないでしょう。お金を借りる前にまず、本当に必要なお金なのかを考えなく
てはいけませんね。
あなたが任意整理をおこなわなければならなくなったとしたら、借入をしすぎたり、クレ
ジットカードをつかいすぎたためではないでしょうか?もしそうであれば、その後しばら
くの間は、任意整理などの債務整理をおこなうようなことにならないようにクレジットカ
ードが利用できなくなるというほうが良いのかもしれませんよ。だからこのデメリットは
むしろメリットなのではなのかもしれません?

交渉の期間とブラック期間

他の任意整理のデメリットについて考えてみましょう。
任意整理は、任意による話し合いですので、債権者によっては、交渉が長引く場合もある
ようです。個人で、債権者と交渉することはもちろん容易なことではありませんが、弁護
士や司法書士が相手でも任意整理に応じないといった強硬な債権者も中にはいるようです
よ。そういった場合には、やはり裁判にもちこむしかなくなってきますよね。裁判ともな
ると、さらに長引きますし、費用もかかります。できるだけ、裁判になることは避けたい
と思う人がほとんどでしょう。任意整理で解決したいと思いませんか。その場合は、最初
からベテランの弁護士に任意整理を依頼するのがいいようですよ。やはり慣れている人が
交渉すると違った結果が得られることが多いようです。任意整理とすると、もちろんブラ
ックリストに載ってしまいます。これは、任意整理だけではなく、どの債務整理をおこな
っても載るようです。任意整理ですと、ブラックリストに載る期間というのは、約5年か
ら7年程度となっています。したがって、その間は新しく借入をすることもクレジットカ
ードを作ることもできなくなります。しかし、ブラックリストに載ったことが周囲に知れ
るといったことはないようです。ブラックリストに載ることで、任意整理に陥るといった
ことを防げるのですよ。

返済条件について

任意整理とは、任意整理後の利息を全てなくしてもらい、元金のみを支払っていくという
方法です。借金がなくなるわけではありませんので、毎月返済をしていかなくてはいけま
せん。そのため、ある程度の収入がある人が行うようです。任意整理後の約3年程度で支
払いを終えるように返済計画を立てますから、継続して安定した収入がある必要がありま
すね。任意整理は、債務者と債権者の話し合いによっておこなわれるので、債権者ごとに
任意整理をおこなう必要があります。その為、多重債務の人は、任意整理を何回もおこな
わなくてはいけないので、面倒であるというデメリットがありますね。しかし、債務者本
人が、このままの状態で支払っていくのと任意整理して、利息をカットしてもらうものと
に分けることができるといったメリットはあるようです。それに、債権者によっては、利
息だけでなく元金自体を減額してくれるといったところもあるようですよ。
任意整理は、話し合いでおこなうので、弁護士や司法書士に依頼することもできますが、
債務者本人がおこなうこともできるようです。しかし、債務者本人が任意整理をおこなう
と、債権者はきっと強気になると思いますよ。任意整理の場合、あくまで任意ですので、
話し合いに応じないといったこともあるようです。債務者本人が相手の場合、債権者は必
要な書類の開示などにも応じないといった可能性もでてきます。ですので、任意整理は、
弁護士や司法書士に任せるのが一番いいと思います。自分でおこなうより、いい条件でま

とまることが多いと聞いたことがあります。