ブラックリスト

ブラックリストに登録されていること

自己破産をするとブラックリストに載ると聞いたことがありますか。ブラックリストとい
う言葉はよく耳にすると思います。しかし、ブラックリストという名称のものは正式には
ないそうなのですよ。これは信用情報機関が持つデータベースです。クレジットカードを
作ったり、ローンを組んだり、キャッシングを利用するときに信用情報機関に個人情報が
登録されます。この情報を「個人信用情報」と言います。この中には氏名や生年月日、住
所や電話番号などの連絡先、勤務先などの他に過去のクレジットやローンの契約内容や、
返済状況、残高などが載っています。もし期日内に返済出来なかったり、延滞、任意整理
や自己破産などで約束が守られなかった場合には、そのことが個人信用情報に登録されま
す。もし、任意整理をしたとすると、任意整理をしたという履歴が信用情報として記載さ
れるというわけなのです。この情報のことを「事故情報」といいます。この事故情報が登
録されている状態のことをブラックリストに載ると言われるようですね。

期間について

ブラックリストに載るというと不安になりますよね。
事故情報が登録されても、普通の生活は出来ます。しかし登録されている期間はローンを
組んだり、クレジットカードを使うことが制限されるようですね。ブラックリストに登録
されている期間は情報機関や事故情報の内容によっても違いがあるみたいなのですが、期
間が過ぎて登録が抹消されれば、また再びローンを組むことも可能になるようです。
ローンを組むことができなくなるこの期間をブラック期間と呼ぶことがあります。執行猶
予期間のようなものと考えるとよいかもしれませんね。
任意整理を行った場合でもブラックリストに載ります。そして、そのブラック期間はおよ
そ5年から7年程度だと言われています。
任意整理の場合は借金を整理して、それ以降、きちんと返済していくという交渉をしたも
のですよね。そのため、任意整理の完済までの滞納は許されません。もし、滞納した場合
契約の内容によって、一括で返済しなくてはいけなくなるケースもあるようですよ。この
時にローンは組めるのでしょうか。実際に組めるかどうかは金融機関によって違うでしょ
う。高金利のローンは審査は甘くなりますが、安易なローンは気をつけた方が良いですね。

過払い請求でも載る?

過払い請求というのは「これまで返してきた借金のうち、返しすぎた分を戻して下さい」
という請求のことですよね。返しすぎたということは、こちらの問題ではないような気が
します。お金を貸す人が決めたルールを破ったことには代わりがないのですが、やっぱり
ブラックリストに載っていました。
これは2010年に金融庁が、過払い請求の履歴をブラックリスト削除させる方針を打ち
出し、それ以降は過払い請求では一切ブラックリストには掲載されなくなっています。
ですので、2010年以前に過払い請求をしてブラックリストに掲載されていた人も、今
では削除されているということになります。
ブラックリストに掲載されることがなくなったのであれば、過払い請求のある人は急いで
請求しなくてはいけません。
2010年に武富士が倒産してしまいました。
これはグレーゾーン金利の撤廃によって経営が悪化した上に、多額の過払い金が発生した
ためだと聞いています。
今後、こういった業者はどんどん増えて来ると予想されています。過払い請求は債務者に
とってはメリットが多い手続きなのですが、取引をしていた金融業者が倒産してしまって
は、もう過払い金を取り返すことは不可能となってしまいますよ。