自己破産

皆さんが自己破産なら聞いたことがありますよね。

自己破産というのは、任意整理と違っ
て、借金を全てなくしてくれるものです。借金がゼロになるので、人生を再スタートさせ
ることが可能です。今まで苦しんだ借金から解放されるのです。素晴らしいことだと思い
ませんか。しかし、自己破産というのはイメージがかなり悪いようですね。自己破産する
と、人生をやり直すことができるはずなのに、人生が終わったようなイメージがありませ
んか。しかし、自己破産をしても、全てを失うわけではないのです。会社をクビになるこ
ともありません。自己破産は任意整理と同じように、おこなったことが必ず周囲に知れる
といったことはありません。ですので、会社にも知れることはないのです。もし知られた
としてもそれを理由にクビにすることはできないようです。また、人生の再スタートです
ので、全て差し押さえられるといったこともないようです。残念なことにマイホームなど
はなくなりますが、生活に必要なものは残してもらえるようです。それに、給料も全額差
し押さえられるわけではないようですよ。差し押さえられたとしても4分の1程度と決ま
っています。また、自己破産後に得た資産というのは、差し押さえられることはありませ
ん。

自己破産のデメリットになるのですが、もちろん、ブラックリストには載ります。

債務整理の場合は、5年程度ですが、自己破産の場合は少し長くて、5年から10年ほど
載るようです。それに、債務整理と違って、自己破産の場合は破産者名簿というものにも
名前が載ることになります。それ以外にも政府が発行している官報というものにも名前と
住所が載るようです。しかしどれも、外部に知れわたることはまずないと言えるでしょう。
そう考えると自己破産によるデメリットは意外に大したことがないように思いますよね。
この程度のデメリットで借金から解放されるのであれば素晴らしいことですよね。しかし
、自己破産の間違ったイメージから、絶対に自己破産だけはしたくないといった人がいる
ようで、悲しいことに夜逃げや自殺といった道を選んでしまう人もいるようです。自己破
産をすることを勧めるわけではありませんが、夜逃げや自殺などを考えるようなら、自己
破産するのがいいと私は思います。しかし、自己破産してもその借金がなくなるわけでは
なく、連帯保証人などに取り立てがいくようですので、自己破産の申し立てをする前に、
必ず連帯保証人などに了解を得る必要がありますね。